読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに物語があれば

秋田在住、作家志望兼駆け出しエロゲシナリオライターの雑記

エロゲレビュー「ロケットの夏」

そこは、私たちの地球とはほんのちょっとだけ違う歴史をたどった世界
それは、異星人とのファーストコンタクトによって第二次世界大戦が終わった世界
かって天空の星と地球を、銀色に輝く恒星間ロケットたちがつないだ世界
主人公 真幌 高志 は、自作ロケット打ち上げで天才少年と呼ばれた昔の日々に背を向け、幼馴染の香奈城 歩と平穏で代わり映えのしない日々を送っていた
「シャットダウン」と呼ばれる鎖国政策によって、地球と宇宙の交流が一切断たれた中で
幼い頃から抱いていた宇宙への情熱を失い、惰性のように生きる毎日
だがそれは、彼の前にパラシュートで落ちてきた転校生の少女 夏海 千星 によって唐突に破られることになる
「シャットダウン」によって宇宙との交流が断たれた中、一般人にとって唯一の宇宙へ行く手段
それは自作有人ロケット競技会、通称「50マイルズオーヴァー」に出場すること
彼女は主人公たちの通う学園にロケット部を設立し、「50マイルズオーヴァー 出場を目指すのだと言う
不本意ながらも千星を手伝う内、主人公は以前のロケットに対する情熱を取り戻していく
サヴォア星から亡命してきた王家の姫君 セレン 、その護衛兼メイド ベルチアもひょんなことから主人公たちのロケット作りに加わる事に
そしてそれを見守る主人公の担任 はるひ
目指すは大会最大級ロケット・アルバトロス級での50マイルズオーヴァーへの出場
ロケットの夏」がいま始まる――
というわけでSFエロゲの傑作ロケットの夏です
ちょうど重めの泣きゲーを続けてやっていた時期に息抜きと思いプレイ
いやぁ、実にとてもとても清々しい物語でした
ロケット造りに賭ける青春
素晴らしいです
まさにジュブナイルSFって感じで「どこかで見たことのある世界」と「今まで見たことのない世界」のバランスが非常に上手く取れている
何かを目指して一生懸命頑張ってる人や頑張った経験がある人には是非オススメな心が温かくなる物語
そしてそれを引き立てる綺麗な音楽
基本的に小粒な作品ではあるのですが、心に残るものがある良作だと思います
地味ながらも無駄が無く、まとまりの取れたシナリオ構成も秀逸
色物になりそうな設定をうまくまとめてました
バトルとはまた違う爽やかな燃えも高ポイント
挑戦は無謀で見返りがない物ほどカッコイイ

そんなこんなで、無謀な挑戦やSFが好きな人は是非プレイしてみて下さい