読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに物語があれば

秋田在住、作家志望兼駆け出しエロゲシナリオライターの雑記

エロゲレビュー「鬼哭街」

舞台は近未来の上海。
21世紀初頭におけるサイバネティクス技術の実用化により、
人は、肉体を機械化することによって、いとも簡単に超人的な身体機能を身につけられるようになった。
そんなテクノロジーの爛熟は人心の退廃を招き、凶悪なサイボーグ達による犯罪が多発する結果を招いた。
今や犯罪結社・青雲幇の牛耳る魔都と化した上海に、ひとりの男が訪れる。
男の名は孔濤羅(コン・タオロー)。
かつては青雲幇の凶手(暗殺者)であり、生身の体でサイボーグと渡り合える武術「電磁発勁」の使い手である。
仲間の裏切りによって死線をさまよい、最愛の妹まで殺された彼は、復讐の剣を手に舞い戻る。
仇は5人。
いずれ劣らぬ強大なサイボーグ武芸者達を、一人また一人と血祭りにあげながら、
孤高の剣鬼は魔都の闇を駆け抜ける…
「手には一刀、倒すは五人。魔都上海に報仇雪恨の剣が哭く」
というわけで鬼哭街
俺が燃えゲーっのも良い物なんだなと思わされた切欠の作品です
もはやergらしい雰囲気が皆無
虚淵氏が脳内麻薬垂れ流しで書いたとしか思えない素敵すぎるストーリーと台詞回し、テキストが炸裂しているこの作品
素晴らしい
何て男の子心をくすぐる作品なんだろう
「エロゲが好きです。でも、日本刀やバイオレンスはもっと好きです」という変わったヒトタチには堪らないはず
エロゲとしてのジャンルがサイバーパンク武侠片ですよw
ファントムのような渋みのような味わい深さこそありませんが「男気」「格闘」というシンプルなカッコ良さが溢れています
虚淵氏が生み出す言葉の魔法、カッコ良さに酔える秀逸な作品と言えますね
あと、主人公のタオローさんが格好良すぎです
紫電掌ですよ紫電掌w
絶技開眼のシーンは本当に痺れました