読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに物語があれば

秋田在住、作家志望兼駆け出しエロゲシナリオライターの雑記

エロゲレビュー「吸血殲鬼ヴェドゴニア」

主人公・伊藤惣太は、ある夜 謎の女性・リァノーンと遭遇したことがきっかけで、吸血鬼と人間の中間である「ヴェトゴニア」という生き物になってしまう。
その日から惣太は、吸血鬼ハンターの少女・モーラと その相棒・フリッツの協力の下、リァノーンを探しながら 吸血鬼たちと闘うことになるのだが…

というわけで吸血殲鬼ヴェドゴニアです
Q.変身ヒーロー、それもダークヒーローは好きですか?
A.はい!大好きです!
ってな人には是非オススメな本作
ストーリーを簡単に説明すると
ヴェドゴニアこと伊藤惣太は吸血鬼である。
彼を闘いに駆り立てたイノヴェルチは、世界の支配を企む悪の秘密結社である。
ヴェドゴニアは、平和な日々を取り戻すためにイノヴェルチと戦うのだ!」
という感じで、一言で言うと「熱い」です
何よりも素晴らしいのが小野正利さんが歌うOP ED
それらとムービーが相まって最高に良い味を出してます
終盤の山場で主題歌が流れた時は脳の汁が出まくりましたねw
挿入歌の使い方が非常に上手い作品の一つだとおもいます
基本的には永遠を生きる吸血鬼というファンタジーな存在を扱った物語の筈なのに、GSX-R1300Rハヤブサツインターボ+NOS(通称デスモドゥス)を始めとした素晴らしいアイテム達のせいで大変カオスで素晴らしい事になってますw
シナリオ自体も、流石は虚淵といった感じで非常に高クオリティ、特にリァノーン√の終わり方はED曲の入り方も手伝って今までプレイしたエロゲの中でも屈指の物だと思ってます
ただ、この作品ってファントムと沙耶の唄の陰に完全に隠れちゃってんだよなぁ…
「魑魅魍魎跋扈するこの地獄変…、伊藤惣太は ここにいる!…ヴェドゴニア、爆現ッ!
吸血鬼!その命、神に返しなさい」