読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに物語があれば

秋田在住、作家志望兼駆け出しエロゲシナリオライターの雑記

エロゲレビュー「何処へ行くのあの日」

俺が殺した少女は、誰だったんだろう――
主人公国見恭介は、一つの映像を抱き続けてきた
遠い過去の記憶。細部は何処までも曖昧に、核心だけが恭介の心を貫いている
「俺は確かに、一人の少女をこの手にかけた…」
時間も場所も不確かで、それが誰だったのかすら分からない。
思い出は、頭にばかり詰め込まれるのではないと、恭介は思う。
身体が覚えている。
主の意志からは隔たった場所から、身体が一つの映像を映し出す。
国見恭介は、一つの罪を抱き続けてきた。
国見恭介は、一つの映像に悩まされ続けていた。遠い過去の記憶。
細部は何処までも鮮明に、恭介を緋色の追体験へと誘い出す。
誰かが少女の手首をきつく掴み、汗に濡れた肌、荒い呼吸、重ねられた肌の色。
恭介には、絵麻という妹が居た。
頭も身体も覚えている
記憶は何処までも鮮明に、追体験の必要もなく、今日も同じ行為が繰り返される…
国見恭介は、もう一つ、罪を抱き続けてきた。
高低差が激しく、自然に囲まれた森園町
森園町において、とある噂が、まことしやかに流れていた
マージという名の薬、それが町に出回り
その薬はタイムトリップを可能にするという
マージを巡る騒動が次第に町を騒がしくさせ、やがて、恭介もそれを手にする事になる
その時、恭介の脳裏に浮かんでいたのは、過去に犯した過ちの事だった
マージによって、浮かび上がってくる過去
それはやがて、恭介を、彼を取り巻く少女達が抱える心の深みへと導いていく…
「それはあの日残してきた罪」
というわけで 何処へ行くの、あの日 です
個性的なタイトルが印象的な考察系の傑作です
これもEVER17とかが好きな人には堪らないでしょう
中々に難解なシナリオです
どんよりとした空気が冬という季節と相まって重苦しい雰囲気を作りだしている
そんな全体的に暗めな雰囲気も俺好みでした
鷹月さくらさんが演じるもの静かなヤンデレ妹も、普段は元気っ娘をよく演じる鷹月さんとのギャップもあって中々印象的でしたね
作品に流れる雰囲気に明るさの欠片も無く、クリア後も切ないというよりは寂しいという気持ちにされられます
少々、人を選ぶ作品かもしれません
一言で言うなれば、これはただひたすら「世界」という可能性を求め続けた少女の物語
霜月はるかさんが歌うOPも非常に作品にマッチしていて素晴らしかったです

俺が殺した少女は、誰だったんだろう――
主人公国見恭介は、一つの映像を抱き続けてきた
遠い過去の記憶。細部は何処までも曖昧に、核心だけが恭介の心を貫いている
「俺は確かに、一人の少女をこの手にかけた…」
時間も場所も不確かで、それが誰だったのかすら分からない。
思い出は、頭にばかり詰め込まれるのではないと、恭介は思う。
身体が覚えている。
主の意志からは隔たった場所から、身体が一つの映像を映し出す。
国見恭介は、一つの罪を抱き続けてきた。
国見恭介は、一つの映像に悩まされ続けていた。遠い過去の記憶。
細部は何処までも鮮明に、恭介を緋色の追体験へと誘い出す。
誰かが少女の手首をきつく掴み、汗に濡れた肌、荒い呼吸、重ねられた肌の色。
恭介には、絵麻という妹が居た。
頭も身体も覚えている
記憶は何処までも鮮明に、追体験の必要もなく、今日も同じ行為が繰り返される…
国見恭介は、もう一つ、罪を抱き続けてきた。
高低差が激しく、自然に囲まれた森園町
森園町において、とある噂が、まことしやかに流れていた
マージという名の薬、それが町に出回り
その薬はタイムトリップを可能にするという
マージを巡る騒動が次第に町を騒がしくさせ、やがて、恭介もそれを手にする事になる
その時、恭介の脳裏に浮かんでいたのは、過去に犯した過ちの事だった
マージによって、浮かび上がってくる過去
それはやがて、恭介を、彼を取り巻く少女達が抱える心の深みへと導いていく…
「それはあの日残してきた罪」
というわけで 何処へ行くの、あの日 です
個性的なタイトルが印象的な考察系の傑作です
これもEVER17とかが好きな人には堪らないでしょう
中々に難解なシナリオです
どんよりとした空気が冬という季節と相まって重苦しい雰囲気を作りだしている
そんな全体的に暗めな雰囲気も俺好みでした
鷹月さくらさんが演じるもの静かなヤンデレ妹も、普段は元気っ娘をよく演じる鷹月さんとのギャップもあって中々印象的でしたね
作品に流れる雰囲気に明るさの欠片も無く、クリア後も切ないというよりは寂しいという気持ちにされられます
少々、人を選ぶ作品かもしれません
一言で言うなれば、これはただひたすら「世界」という可能性を求め続けた少女の物語
霜月はるかさんが歌うOPも非常に作品にマッチしていて素晴らしかったです

俺が殺した少女は、誰だったんだろう――
主人公国見恭介は、一つの映像を抱き続けてきた
遠い過去の記憶。細部は何処までも曖昧に、核心だけが恭介の心を貫いている
「俺は確かに、一人の少女をこの手にかけた…」
時間も場所も不確かで、それが誰だったのかすら分からない。
思い出は、頭にばかり詰め込まれるのではないと、恭介は思う。
身体が覚えている。
主の意志からは隔たった場所から、身体が一つの映像を映し出す。
国見恭介は、一つの罪を抱き続けてきた。
国見恭介は、一つの映像に悩まされ続けていた。遠い過去の記憶。
細部は何処までも鮮明に、恭介を緋色の追体験へと誘い出す。
誰かが少女の手首をきつく掴み、汗に濡れた肌、荒い呼吸、重ねられた肌の色。
恭介には、絵麻という妹が居た。
頭も身体も覚えている
記憶は何処までも鮮明に、追体験の必要もなく、今日も同じ行為が繰り返される…
国見恭介は、もう一つ、罪を抱き続けてきた。
高低差が激しく、自然に囲まれた森園町
森園町において、とある噂が、まことしやかに流れていた
マージという名の薬、それが町に出回り
その薬はタイムトリップを可能にするという
マージを巡る騒動が次第に町を騒がしくさせ、やがて、恭介もそれを手にする事になる
その時、恭介の脳裏に浮かんでいたのは、過去に犯した過ちの事だった
マージによって、浮かび上がってくる過去
それはやがて、恭介を、彼を取り巻く少女達が抱える心の深みへと導いていく…
「それはあの日残してきた罪」
というわけで 何処へ行くのあの日 です
個性的なタイトルが印象的な考察系の傑作です
これもEVER17とかが好きな人には堪らないでしょう
中々に難解なシナリオです
どんよりとした空気が冬という季節と相まって重苦しい雰囲気を作りだしている
そんな全体的に暗めな雰囲気も俺好みでした
鷹月さくらさんが演じるもの静かなヤンデレ妹も、普段は元気っ娘をよく演じる鷹月さんとのギャップもあって中々印象的でしたね
作品に流れる雰囲気に明るさの欠片も無く、クリア後も切ないというよりは寂しいという気持ちにされられます
少々、人を選ぶ作品かもしれません
一言で言うなれば、これはただひたすら「世界」という可能性を求め続けた少女の物語
霜月はるかさんが歌うOPも非常に作品にマッチしていて素晴らしかったです