読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに物語があれば

秋田在住、作家志望兼駆け出しエロゲシナリオライターの雑記

エロゲレビュー「てのひらをたいように」

川の音が聞こえる場所
水郷の里
ぼくたちはそんなところに住んでいた
家から少し歩くと山があって、そこには大きな芙蓉の樹がある
そんな風景の中でぼくたちは過ごしてきた
夏休みも近いある日
ぼくたちの通う学校に一人の女の子が転校してきた
女の子の名は永久
明るい笑顔と淡く透き通るような髪が印象的な少女だった
だが、初めて会ったはずの彼女の顔にぼくはどこか見覚えがあった
夢を見た
芙蓉の樹の下にある土を掘り返す夢を
何か大切なものが埋まっている
だからぼくたちは土を掘り返した
手が痛くなるまで、ずっと…
そして夏休みが始まる
蒼穹と純白で彩られた季節の中でぼくたちは無邪気な時間を過ごしていく
やがて目の前に現れる出来事も知らないままに
水郷の里
その名前とは別のもう一つの名
さとりの里…そうとも呼ばれるこの町の中で
ぼくたちは彼女を助けたかった
というわけで 「てのひらを、たいように」 です
この作品、柔らかい雰囲気の絵や明るいイメージのOPとは裏腹に少々重い物語です
ぶっちゃけ村八分の話です
それと、この作品の主題は恋愛ではありません
友情です
そう、本作は「友情物語」
青臭くてそれでいて爽やか
そんな感じの重苦しくも温かい物語です
この青臭さがまた凄いんですよ
今時、NHK教育でだってやらないような青臭い友情物語なんですよ
主人公を始めキャラ達も凄く子供っぽいです
ただ、子供っぽい分凄くピュアなんですよ
主人公達は、どれだけ酷い目に合わされても敵を憎みません
そこに在るのは敵への怒りや憎みでは無く
ただ友達を救いたい
友達とただ平穏な日々を過ごしたいという純粋な想いだけ
「俺達はずっと友達で、誰かが困っていたら全力で助ける」
作中のこの一言がこの物語の全てを表しています
あと、この作品は まきいづみゲー です
まきいづみさん演じるヒロインが際だってますので まきいづみさんが好きな人は是非プレイして下さい

川の音が聞こえる場所
水郷の里
ぼくたちはそんなところに住んでいた
家から少し歩くと山があって、そこには大きな芙蓉の樹がある
そんな風景の中でぼくたちは過ごしてきた
夏休みも近いある日
ぼくたちの通う学校に一人の女の子が転校してきた
女の子の名は永久
明るい笑顔と淡く透き通るような髪が印象的な少女だった
だが、初めて会ったはずの彼女の顔にぼくはどこか見覚えがあった
夢を見た
芙蓉の樹の下にある土を掘り返す夢を
何か大切なものが埋まっている
だからぼくたちは土を掘り返した
手が痛くなるまで、ずっと…
そして夏休みが始まる
蒼穹と純白で彩られた季節の中でぼくたちは無邪気な時間を過ごしていく
やがて目の前に現れる出来事も知らないままに
水郷の里
その名前とは別のもう一つの名
さとりの里…そうとも呼ばれるこの町の中で
ぼくたちは彼女を助けたかった
というわけで てのひらを、たいように です
この作品、柔らかい雰囲気の絵や明るいイメージのOPとは裏腹に少々重い物語です
ぶっちゃけ村八分の話です
それと、この作品の主題は恋愛ではありません
友情です
そう、本作は「友情物語」
青臭くてそれでいて爽やか
そんな感じの重苦しくも温かい物語です
この青臭さがまた凄いんですよ
今時、NHK教育でだってやらないような青臭い友情物語なんですよ
主人公を始めキャラ達も凄く子供っぽいです
ただ、子供っぽい分凄くピュアなんですよ
主人公達は、どれだけ酷い目に合わされても敵を憎みません
そこに在るのは敵への怒りや憎みでは無く
ただ友達を救いたい
友達とただ平穏な日々を過ごしたいという純粋な想いだけ
「俺達はずっと友達で、誰かが困っていたら全力で助ける」
作中のこの一言がこの物語の全てを表しています
あと、この作品は まきいづみゲー です
まきいづみさん演じるヒロインが際だってますので まきいづみさんが好きな人は是非プレイして下さい

川の音が聞こえる場所
水郷の里
ぼくたちはそんなところに住んでいた
家から少し歩くと山があって、そこには大きな芙蓉の樹がある
そんな風景の中でぼくたちは過ごしてきた
夏休みも近いある日
ぼくたちの通う学校に一人の女の子が転校してきた
女の子の名は永久
明るい笑顔と淡く透き通るような髪が印象的な少女だった
だが、初めて会ったはずの彼女の顔にぼくはどこか見覚えがあった
夢を見た
芙蓉の樹の下にある土を掘り返す夢を
何か大切なものが埋まっている
だからぼくたちは土を掘り返した
手が痛くなるまで、ずっと…
そして夏休みが始まる
蒼穹と純白で彩られた季節の中でぼくたちは無邪気な時間を過ごしていく
やがて目の前に現れる出来事も知らないままに
水郷の里
その名前とは別のもう一つの名
さとりの里…そうとも呼ばれるこの町の中で
ぼくたちは彼女を助けたかった
というわけで てのひらをたいように です
この作品、柔らかい雰囲気の絵や明るいイメージのOPとは裏腹に少々重い物語です
ぶっちゃけ村八分の話です
それと、この作品の主題は恋愛ではありません
友情です
そう、本作は「友情物語」
青臭くてそれでいて爽やか
そんな感じの重苦しくも温かい物語です
この青臭さがまた凄いんですよ
今時、NHK教育でだってやらないような青臭い友情物語なんですよ
主人公を始めキャラ達も凄く子供っぽいです
ただ、子供っぽい分凄くピュアなんですよ
主人公達は、どれだけ酷い目に合わされても敵を憎みません
そこに在るのは敵への怒りや憎みでは無く
ただ友達を救いたい
友達とただ平穏な日々を過ごしたいという純粋な想いだけ
「俺達はずっと友達で、誰かが困っていたら全力で助ける」
作中のこの一言がこの物語の全てを表しています
あと、この作品は まきいづみゲー です
まきいづみさん演じるヒロインが際だってますので まきいづみさんが好きな人は是非プレイして下さい

川の音が聞こえる場所
水郷の里
ぼくたちはそんなところに住んでいた
家から少し歩くと山があって、そこには大きな芙蓉の樹がある
そんな風景の中でぼくたちは過ごしてきた
夏休みも近いある日
ぼくたちの通う学校に一人の女の子が転校してきた
女の子の名は永久
明るい笑顔と淡く透き通るような髪が印象的な少女だった
だが、初めて会ったはずの彼女の顔にぼくはどこか見覚えがあった
夢を見た
芙蓉の樹の下にある土を掘り返す夢を
何か大切なものが埋まっている
だからぼくたちは土を掘り返した
手が痛くなるまで、ずっと…
そして夏休みが始まる
蒼穹と純白で彩られた季節の中でぼくたちは無邪気な時間を過ごしていく
やがて目の前に現れる出来事も知らないままに
水郷の里
その名前とは別のもう一つの名
さとりの里…そうとも呼ばれるこの町の中で
ぼくたちは彼女を助けたかった
というわけで てのひらを、たいように です
この作品、柔らかい雰囲気の絵や明るいイメージのOPとは裏腹に少々重い物語です
ぶっちゃけ村八分の話です
それと、この作品の主題は恋愛ではありません
友情です
そう、本作は「友情物語」
青臭くてそれでいて爽やか
そんな感じの重苦しくも温かい物語です
この青臭さがまた凄いんですよ
今時、NHK教育でだってやらないような青臭い友情物語なんですよ
主人公を始めキャラ達も凄く子供っぽいです
ただ、子供っぽい分凄くピュアなんですよ
主人公達は、どれだけ酷い目に合わされても敵を憎みません
そこに在るのは敵への怒りや憎みでは無く
ただ友達を救いたい
友達とただ平穏な日々を過ごしたいという純粋な想いだけ
「俺達はずっと友達で、誰かが困っていたら全力で助ける」
作中のこの一言がこの物語の全てを表しています
あと、この作品は まきいづみゲー です
まきいづみさん演じるヒロインが際だってますので まきいづみさんが好きな人は是非プレイして下さい