読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに物語があれば

秋田在住、作家志望兼駆け出しエロゲシナリオライターの雑記

非エロゲレビュー「EVER17」

西暦2017年5月1日午後12時51分
水深51mの海中に浮かぶ海洋テーマパーク『Lemu』
ここに、何の前触れも無く7人の男女が閉じ込められた
徐々に失われる水、酸素、食料
深海に生息する未知のウィルス
そして、苛烈な水圧にさらられた『Lemu』の隔壁は119時間以内に崩壊するという
この閉ざされた空間の中、限られた時間の中で次々と起こる危機を乗り越えながら脱出への道を探し続けるうちに、7人は次第に深い絆で結ばれていく
それは友情でもあり、あるいは愛情でもあった
だが、そんな想いをあざ笑うかのようにタイムリミットは刻々と迫る
想像を絶する極限状態の果てに待ち受ける結末とは、いったいなんなのか?
そこで何を得るのか?何を失っていくのか?
その開かれた2つの『目』は、最後に、何を視るというのか──
というわけで EVER17
「普通のギャルゲーマーに用はありません、考察好き、SF好き、並列世界ネタ好き、叙述トリックとかその手のネタ好き
居たらこの作品をやりなさい 以上」
てな感じに、ちょっと考えないと駄目な作品が好きな人には神ゲーとも言える本作
端々は平凡ながらも、トリックの秀逸さは驚嘆に値します
本作に興味を持った人はネット上でレビューとか探さない方が良いです
うっかりどこかでネタバレ目にしてしまう可能性が高いですので…
それ程までに物語に置けるトリックの重要性が高いんです
これ凄いですよ
マルチエンドという本来わかり得ないはずの別の展開を知るシステムを非常に上手く物語に組み込んでます
それと、自分で自分の顔は見えないという常識を利用する大胆さも見事
取説からセリフ一言一言に至るまで最後の一点に集約させる構成は最早意地ですね
本作がこれだけ評価される理由の一つに、それ程考察しなくてもプレイすればきちんと理解できるという点があります
同系統の最果てのイマ等に比べると遥かに取っ付き易く、それでいて考察の余地も十分あるというバランスの良さも高評価の理由の一つだと言えるでしょう
後、これも主人公が漢ですねぇ
本作の名シーンにおける「なぁ、アルキメデスの原理って知ってるか?」の名台詞に痺れた人は少なく無い筈
それと、本作のメインヒロインである、つぐみんを含めて
何故か浅川悠さんが演じるエロゲ、ギャルゲヒロインってどこか芯の部分にダメな娘属性持ってるキャラが多いんですよね
凛々しい声とのギャップに萌えろって事かしら