読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに物語があれば

秋田在住、作家志望兼駆け出しエロゲシナリオライターの雑記

エロゲレビュー「刃鳴散らす」

21世紀初頭・東京
前大戦以来、南北を他国に占領され続けている日本帝国において、その名は首都としてではなく、最悪の無法都市として知られている
折しも世界はテロリズムの大流行の渦中
そんな時代にあってなお特筆すべき東京に、しかし銃声は響かない
爆音が轟くこともない
聴こえるものは剣撃の音
無数の刃鳴
旧帝都東京府は警察力を火器規制という一点に注いだがため、それらによるテロの悪夢は免れていたが、代わって鋼の刃による闘争が白昼横行するという奇怪な魔境となっていた
市民は怯え、兇徒は襲い、武人は戦う
これは、そんな荒廃の都市で数多綴られた、小さな戦記録の一つ
剣狂者・武田赤音と、彼に斬られた想い人の仇討を遂げんとする復讐鬼にして魔剣「昼の月」の使い手・伊烏義阿との、相克の物語
というわけで刃鳴散らす
「普通のエロゲーマーに用はありません、剣劇好き、術理解説好き、解説8アクション2くらいの比率の戦闘好き
居たらこの作品をやりなさい 以上」
というか、それ以外の人は手を出しちゃダメw
100点を出せる人もいれば
もう0点以外ありえねえって人も多数いる
本作は、それ位にニトロ作品の中でも極端な作品
そんなこんなでニトロ作品の中でも極めて低い評価だったのであまり期待せずに興味本位にプレイした所、これが激しくツボでしたw
多分、本作をやらなかったら、装甲悪鬼村正を予約してまで買う事はなかったであろう
テキストも凄まじく個性的で、ライターの知識が存分に発揮された剣術の解説は説得力に溢れ非常に読み応えが有り、思わず年甲斐も無く真似をしてしまいましたw
また、本作の主人公は凄く一途
まぁ、ヒロインに対してでは無く剣に対してではあるんですがw
何か目的の為に手段として剣を執るのでは無く、剣を執る事自体が目的である
自らが生きる意味、それは、ただ剣の為
主人公の行動原理があまりにも純粋すぎて、酷く自暴自棄で破滅的
それはすごく不器用だが確かに武士道である
「武士道とは死ぬ事と見つけたり」
それを突き詰めた末の行き過ぎた武士道
正に剣狂者
だが、そんな主人公が貫き通す、ほんの瞬間まぶしいほどに真っ赤に燃え上がる、燃えカスすら残らない様な生き様は、ブスブスとくすぶった不完全燃焼の様な生き方をしている俺の目には、非常に危うく儚いながらも魅力的に映ったのでした
本作は、そんな低温火傷のようなクールさを持った燃えゲーである

21世紀初頭・東京
前大戦以来、南北を他国に占領され続けている日本帝国において、その名は首都としてではなく、最悪の無法都市として知られている
折しも世界はテロリズムの大流行の渦中
そんな時代にあってなお特筆すべき東京に、しかし銃声は響かない
爆音が轟くこともない
聴こえるものは剣撃の音
無数の刃鳴
旧帝都東京府は警察力を火器規制という一点に注いだがため、それらによるテロの悪夢は免れていたが、代わって鋼の刃による闘争が白昼横行するという奇怪な魔境となっていた
市民は怯え、兇徒は襲い、武人は戦う
これは、そんな荒廃の都市で数多綴られた、小さな戦記録の一つ
剣狂者・武田赤音と、彼に斬られた想い人の仇討を遂げんとする復讐鬼にして魔剣「昼の月」の使い手・伊烏義阿との、相克の物語
というわけで刃鳴散らす
「普通のエロゲーマーに用はありません、剣劇好き、術理解説好き、解説8アクション2くらいの比率の戦闘好き
居たらこの作品をやりなさい 以上」
というか、それ以外の人は手を出しちゃダメw
100点を出せる人もいれば
もう0点以外ありえねえって人も多数いる
本作は、それ位にニトロ作品の中でも極端な作品
そんなこんなでニトロ作品の中でも極めて低い評価だったのであまり期待せずに興味本位にプレイした所、これが激しくツボでしたw
多分、本作をやらなかったら、村正を予約してまで買う事はなかったであろう
テキストも凄まじく個性的で、ライターの知識が存分に発揮された剣術の解説は説得力に溢れ非常に読み応えが有り、思わず年甲斐も無く真似をしてしまいましたw
また、本作の主人公は凄く一途
まぁ、ヒロインに対してでは無く剣に対してではあるんですがw
何か目的の為に手段として剣を執るのでは無く、剣を執る事自体が目的である
自らが生きる意味、それは、ただ剣の為
主人公の行動原理があまりにも純粋すぎて、酷く自暴自棄で破滅的
それはすごく不器用だが確かに武士道である
「武士道とは死ぬ事と見つけたり」
それを突き詰めた末の行き過ぎた武士道
正に剣狂者
だが、そんな主人公が貫き通す、ほんの瞬間まぶしいほどに真っ赤に燃え上がる、燃えカスすら残らない様な生き様は、ブスブスとくすぶった不完全燃焼の様な生き方をしている俺の目には、非常に危うく儚いながらも魅力的に映ったのでした
本作は、そんな低温火傷のようなクールさを持った燃えゲーである