読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに物語があれば

秋田在住、作家志望兼駆け出しエロゲシナリオライターの雑記

夏休み突発企画「俺が選ぶエロゲソング50選」その2

 さて、今回も引き続き、夏休み突発企画「俺が選ぶエロゲソング50選」その2 といかせてもらいましょう。


11 悠久の翼
http://www.youtube.com/watch?v=CvNlpnM79n4
アーティスト名 原田ひとみ

俺「こう言っちゃ悪いけど、原田さんの曲ってアタリハズレがあると思うんだわ」
PC「そうなんですか? それでこれはアタリというわけですか」
俺「いや、これは大当たりさ。サビの部分の盛り上がりは正直すごいね」
PC「確かに……。声の伸びも凄くイイですしね」
俺「ああ、それに原田さんはおっぱいも大きいしな」


12 瑠璃の鳥
http://www.youtube.com/watch?v=weVZzrZTRRM&feature=related
アーティスト名 霜月はるか

俺「これはまさに霜月さんの魅力が炸裂した一曲だな」
PC「この人は声の細さが凄く特徴的ですね」
俺「ああ、そうだ。歌姫と称しても差し支えない人だと思うね。選曲には苦労したよ。恋獄でもよかったんだが、今回はこっちだ」


13 セパレイトブルー
http://www.youtube.com/watch?v=Ya_V0lOYOsg
アーティスト名 KIRIKO

PC「マイナーですけど、すっごい爽やかな曲ですね」
俺「そうだろう。この人は他には月陽炎の主題歌なんかが有名だな。すごくハキハキした伸びのある声が魅力的だ」
PC「あ、これ、ロードレースを題材にした作品の曲なんですね。どおりで爽やかなわけです」


14  Clover Heart's
http://www.youtube.com/watch?v=ywxac9WqMmw

15 陽だまりのつくり方
http://www.youtube.com/watch?v=cnAKDvTtZfI
アーティスト名 真理絵

俺「この人の声ってすごく優しい声だと思うんだ。特に陽だまりのつくり方のほうなんかはそれがよく現れている」 
PC「世間的にはクロハのほうが有名ですけどね」
俺「もちろんそちらも名曲だよ。とても良くできた甘酸っぱいラブソングだね」


16 ランピン
http://www.youtube.com/watch?v=sMPd9zzg_WY
アーティスト名 中原涼

PC「これもまた独特な曲ですねぇ」
俺「こういうハスキーな声を出せる人はそうはいないと思うよ。逸材だね」
PC「こういうスローテンポな曲って肩の力を抜いて聴けますね」
俺「中原さんの曲なら砂の城も良かったんだが、迷ったんだよなぁ」


17 I hope so
http://www.youtube.com/watch?v=fuIHOFhcIJI
アーティスト名  池田春菜

俺「これもたまらない一曲だねぇ。歌詞、曲調、そしてアコギのサウンド。すべてがとにかくドライだ」
PC「ああ、これ確かマスターが大好きな凄く暗い作品の曲ですね。あの中二病全開のやつ」
俺「ふん! あれの良さは明るい青春をおくった奴やそれに憧れる健全な奴にはわかりはしないのさ!」


18  farewells
http://www.youtube.com/watch?v=0waNN2sdKUo
アーティスト名 MASAMI

19 レコンキスタ
http://www.youtube.com/watch?v=0y_-z80u5Zo&feature=feedwll&list=WL
アーティスト名 飛蘭

俺「名前は違うけどこのお二方は同一人物です。この人の歌の上手さは半端じゃねぇなと前々から思ってたら、ここ数年で一気にメジャーになっちゃったね」
PC「アニソンのほうでもずいぶんと活躍してますしね」
俺「でも、この人の名曲を語るときはエロゲソング抜きには語れないと思うんだ。あと、余談だけど、この人を発掘してきたのは佐藤ひろ美さんらしいよ」


20 Memories are here
http://www.youtube.com/watch?v=FaNqub6FJYQ
アーティスト名 観月あんみ

俺「これはほんとに隠れた名曲よ。こういうのがポンと出てきちゃうのがエロゲソングの凄さだと思うね」
PC「これは、確かに物語の終わりを締めくくるのに恐ろしくマッチしてる……」
俺「ああ、素晴らしいだろ」
PC「でも、このメーカーって最近パッとしませんよね」
俺「違う。パッとしないのはここの後継メーカーだ。tarteは……もう、ない」

※今回選曲するにあたって以下の縛りを設けました。
YouTubeに曲があげられている。
・同一アーティストの曲は二曲まで。
 ひとつめは誰でもその曲を聴けるようにするため、ふたつめは同じアーティストの曲ばかりでは興ざめするからです。