読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに物語があれば

秋田在住、作家志望兼駆け出しエロゲシナリオライターの雑記

夏休み突発企画「俺が選ぶエロゲソング50選」その3

 夏休み突発企画「俺が選ぶエロゲソング50選」その3


21  硝子のLoneliness
http://www.youtube.com/watch?v=cScxyFC1IVw&feature=related
アーティスト名 Riryka

PC「すごく力強い曲ですね」
俺「そうなんだよ、この力強さこそが魅力なんだよ。こういう人が実力派と呼ばれるんだろうな」
PC「でもあまり、作品には恵まれてないっぽいですね」
俺「…………昔のとがってた呉さんカムバック!!」


22 ZERO
http://www.youtube.com/watch?v=P1zbOYVJTdw
アーティスト名 佐藤ひろ美

PC「ついにクイーンの登場ですか」
俺「ああ、なんというかすごい元気が出る曲だよな。余談だけど、どみるの作品の完成形はやっぱりはぴねすだと思うんだ」
PC「マスターって、男の娘が好きだったんですね! ヘンタイです!」
俺「待て! 一方的に俺が準にゃんが好きだと決めつけるんじゃない。春姫や杏璃だって十分魅力的だわい。」
PC「じゃあ、キライなんですか?」
俺「そんなわけないじゃないか」


23 Sky Sanctuary
http://www.youtube.com/watch?v=145Yjz6wFvM
アーティスト名 橋本みゆき

俺「主にノリやテンポのよい曲が印象的なみゆきさんではあるが、俺はあえてこれを選ばせてもらった」
PC「ひねくれてますねぇ。普通にもっとポピュラーな曲を選べばよかったじゃないですか」
俺「じゃあ、faze to love」
PC「それエロゲソングじゃないです」


24  escape  
http://www.youtube.com/watch?v=PUxuZUcEgC4
アーティスト名  reset

PC「これも結構定番ですね」
俺「ああ、だが、いつ聴いても新鮮だ。これは本当にカッコイイ曲だな」
PC「そういえばこの曲が主題歌になってる作品のメーカーもつぶれましたね」
俺「大槍さんのとこか……」

25 とある竜の恋の歌
http://www.youtube.com/watch?v=gmJ1tgn2G-o

26 落葉 
http://www.youtube.com/watch?v=B_O6xoXE-mM
アーティスト名 いとうかなこ

PC「またまたメジャーな方の登場ですか」
俺「どれも捨てがたかったが、いとうかなこさんからはこの二曲を選ばせてもらった。この人の歌声は本当にスケールが大きいな。とある竜の恋の歌は、それが実によくわかる」
PC「悪鬼のほうの曲はどうなんですか?」
俺「落葉はどこか掠れたもの悲しさと儚さが素晴らしいな。これは正直言うと、作品への思い入れ補正もあるかもしれん」


27 ひだりてみぎて
http://www.youtube.com/watch?v=5_eRwMlKUK4
アーティスト名 ましろゆき

俺「これぞ隠れた名曲! このどこか寂しさを感じる歌詞とやさしい曲調がたまらん」
PC「これ確か、ヒロインの手作り弁当を捨てたりする作品ですよね」
俺「うるさい黙れ。余計なことを考えずに曲を聴いてろ」


28 アイの庭 
http://www.youtube.com/watch?v=fSI5GeCi1To

29 ありがとう
http://www.youtube.com/watch?v=wNB6HRdYbBo
アーティスト名 Duca
俺「この人も歌が抜群に上手いな。こういう儚げながらも伸ばすべきところではグワッと伸びてゆく歌声は本当に凄い」
PC「国民的アニメの主題歌も歌ってますしね」
俺「これからはさらに伸びていくだろう。仕事にも曲にも恵まれているし言うこと無しだ。ちなみに今回選んだ曲で、ありがとうのほうは、この人の隠れた名曲だと思う」
PC「とても、S価G会や北○鮮やらB落問題が出てくる作品の曲とは思えませんね」


30 to espero regresar
http://www.youtube.com/watch?v=qaj8YiFLQW8
アーティスト名 城戸千絵
 
PC「な、なんですか……、このリリーマルレーンは……」
俺「ばっ、お前、これのどこがリリーマルレーンなんだよ! 曲も歌詞も全然違うだろうが」
PC「い、いえ、たしかに違うんですが、なんというかイメージがそっくりです。というか、この曲を聴いてエロゲソングやアニソンを連想する人はまずいないと思いますよ」
俺「ま、まぁな。何度聴いても思い浮かぶのは欧州戦線だよな……」
PC「しかも、歌詞で北って言ってますから冬戦争か何かですかね」