読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに物語があれば

秋田在住、作家志望兼駆け出しエロゲシナリオライターの雑記

雑記、私事「2012年06月の近況」

時間を持て余してしまった故、仕事場から近況を適当につらつらと
携帯からなので手短に

・とりあえず今19時33分現在、お腹が猛烈に気持ち悪い
お客さんからもらったたこ焼き(一パック)がマズいったらありゃしねえ
ちょっと変わった味かな? なんて自分をごまかしながら食べきったものの、ありゃあやっぱりマズいっすわ
いったいどこから買ったのやら


・定期購読している雑誌、MCあくしずにお便りが載りました
何気に4、5回以上は載ってます
わかる人がみればわりとわかっちゃいそうなPNです
書いてるのは、おばかなことがほとんどですけどね
懸賞にも三回ぐらい当たりました


・小説は、新作を書きはじめました
とりあえず、推定完成時期的に、応募先は一迅社あたりでしょうか
コメディからはじめて、泣きで終わる、という一昔前のエロゲの黄金パターンを参考にした構成にしてます
そんで、これをやる時ってのは、プロローグ段階で、多少はシリアスな空気を演出しとかないとダメなんですよ
それをしとかないと後々の落差が大きすぎて読者を唖然とさせかねない

鍵作品なんかやればわかりますけど、プロローグは基本的にシリアスです
序盤にある程度方向性を定めておくのは大事ですね

そんでね、しんみりしたプロローグを書き終えたんだけど、やりすぎたかな、と
いや、シリアスなんだから軽くしたらちょろくなっちゃってダメなんだけど
こっから本当にコメディに持っていくの? ってぐらい落差が大きくなりそう
まあ、いいや
やってみるしかなかんべえ

あと、ラノベで必要もないのに女児のおしっこシーンを入れるのはマイナスになると思います?

なりますよね
そうですよね
すみません、忘れてください

いや、そうはいうけど、女児だって日常的にトイレにいくのは当然でしょ
当たり前の生理現象を描いて何が悪い! って気もしないではないです
いかがわしいのは貴様の心だっ!
よし、自分を信じよう
これがトノイケダイスケだったら迷わないはずだ
木之本みけやJさいろーならもう一段上をいく


・最近もっぱら小説ばっか読んでます
よその人と比べて足りない読書量を補う目的で

ラノベ(真面目なの)→→ラノベ(緩いの)→一般文芸→古典
このローテが基本ですね


・捨て猫を拾いました
にゃろう……よりによってウチの前に捨てていきやがって

以上、近況でつた

※画像は曾祖父さんの日露戦争の勲章とぬこ