読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに物語があれば

秋田在住、作家志望兼駆け出しエロゲシナリオライターの雑記

エロゲレビュー「らくえん〜あいかわらずな、ぼくの場合」

「僕」は、どこにでもいるフツーの予備校生
どのくらいフツーかって?
ルックスC、成績オール3、草野球ならレフトで6番
青春真っさかりなのに恋人はいないし、もちろん童貞、年に2回開催される有明ビッグイベントに欠かさず行くってくらいフツーだ
…まあ、一般的には、少しだけダメな人かもしれないけれど
さて、そんな僕は最近ついてない
それなりにがんばったつもりの受験
だが全部すべてまるっとさっぱりサクラチル
流石の僕も心を入れ替え予備校へ
だが、まさに家を出ようとしたその瞬間
僕の運命を変える1本の電話が鳴り響く
そして、いつしか僕たちは、運命に導かれる勇者たちのように、「ムーナス」に集う
そこはいわば僕たちにとって心やすらぐある意味楽園。ある意味、ね
天使も魔女もロボットも魔法も異常気象も水没都市も奇跡もない僕らのありふれた日常が、ハッピーな物語に変わっていく
さあ、みんな。堕落する準備はOK?
僕らの日常がすごい勢いで落ちていく!
というわけで今日は らくえん
これは面白い
隠れた名作ですよ
一言で言えば、エロゲを作る人達の物語
凄く濃いです
キャラも設定も全て濃い
そんな凄く濃い独特の雰囲気なのにどこか生々しくてちゃんと地に足の着いた世界を描いてるのが本作の特徴でもあります
社会の底辺という言葉がしっくり来る程の登場キャラ達のダメ人間っぷりが特に印象的で素晴らしいw
何度腹を抱えて笑った事やらw
そんなおもしろおかしい世界なのに、時々凄くシビアに現実を感じさせてくれたりするのがこの作品の魅力でもあるんですよね
堅苦しくなくて凄く緩いんだけど真剣に生きてる人達の物語と言えるでしょう
ネタがネタだけに初心者やライトユーザーにはオススメ出来ません
エロゲヲタという自覚が持てるレベルになってからこそ楽しめる作品です
ちなみに出演声優の一人である金田まひるさんは自身のラジオで本作の事を絶賛するのと同時に
「エロゲ業界の描写が妙にリアルな所があって演じてて中々きつかった作品」と言っていましたw
後、本作は演出の出来も秀逸
ギターサウンドが際立つロックなBGMも凄くイイ味を出してます
何て言うか、本作はコア過ぎるネタを扱ってる癖に演出等のおかげで作品としての装いは凄くこ洒落てるんですよ
EDの曲もとてもエロゲソングには思えないのに、エロゲ業界を扱ったこの作品に絶妙にマッチしてるってのが素晴らしいですね