読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに物語があれば

秋田在住、作家志望兼駆け出しエロゲシナリオライターの雑記

エロゲレビュー「”Hello World.”」

主人公、友永和樹はロボットである
グローバルイルミネ ーションの為にHIKARIによって作られた和樹は、“役立たず”がロボットの代名詞であるこの時代に、無機でありながらも人間と違わぬ程に精巧な擬態機能と頭脳を備えていた。
自分を作った存在が何なのか明らかにされないまま、人間の感情を調査する事を命じられる和樹。しかし、その為に生み出された和樹に反論の余地はなく、調査に適した環境の一つ皇路学園へと潜伏する。和樹は、目的の為に様々な女の子と出会い、交流を始めるのだが、調査対象である彼女たちは和樹に理解出来ない感情を持って接してくるのだった
翻弄されつつも、それこそが情報価値で在るが故に、彼女たちの情報価値は、次第に、確実に上昇していく
深まる交流により情報価値は興味や好意となり、彼の中に命令ではない、彼だけの価値観を作り上げていった
近い未来、運命的な決断を迫られる事を、彼は知らないままに…
というわけでニトロが作ったハートフル近未来学園AVG「"Hello World."」です
本作のテーマは実に明瞭
ロボットと人の交流
これに尽きます
ヒロインがロボットってのは珍しくないですが、本作ではなんと主人公がロボットなんです
そして主人公がロボットである事を凄く丁寧に書いてます
朝起きて仕度して外にでるだけの表現とか
一連の行動だけでもすごく手間がかかってます
そして主人公の心の形成を丁寧にしっかりと描いてます
初めは思考能力つまりはmindしか持たない主人公が思考(mind)から始まって遂には心(haert)が出来上がるまでの過程は本当に素晴らしい
というか主人公が本当に素敵
ニトロでも屈指の良主人公です
そしてこの作品は泣けます
ニトロ作品の癖に泣けます
勿論ラストもそうですし、主人公がヒロインの一人にロボットだとバレる場面なんかは本当に名シーンだと思います
ZIZZが手掛けた音楽も近未来な雰囲気に絶妙マッチしてます、いとうかなこさんの歌も本当に素晴らしい
そんな一見するとニトロ作品っぽくない雰囲気の本作ですがそんな事はありません
やっぱりニトロです
ハートフル学園AVGの癖に血と硝煙の匂いがプンプンしてます
というか瞬間的な燃えはニトロ作品でも屈指ですだって、ハートフル学園ADVの癖して東京上空で空戦ですよw
F22ラプター VS S37ベルクト ですよw
最高です
素敵です